iphoneのバッテリー寿命

iphoneのバッテリー寿命

iphoneを使い続けると必ずバッテリーが劣化してくるものです。使い方が上手い人は4年くらいバッテリーを持っている方もいるそうです。
が、
使い方にもよりますが、2〜3年くらいしかバッテリが持たない印象があります。

 

 

私の場合は、使っている種類は「iphone6 Plus」で、1年を超えたあたりから電池の減りが早くなってきてストレスを感じるようになりました。
そろそろバッテリーの交換時かもしれないですね。

 

 

ちなにみ、iphoneのバッテリーは”リチウムイオンバッテリー”を仕様しています。
この リチウムイオンバッテリーは充電回数に限りがあり、フル充電サイクルを約500回繰り返した時では、最大で80%くらい維持できるように設計してあります。

 

 

いつバッテリーを交換するのか?

バッテリー交換の時期は?

iphoneを使い続けているとふと気になる事がありますよね。

 

「いつiphoneのバッテリーを交換すればいいのだろう?」

 

バッテリーの交換時期は人によってバラバラです。1,2年使ってバッテリーを交換する人もいれば、「機種変更」・「買い替え」するまでバッテリー交換はしない!と言う人もいます。

 

 

一般的にiphoneのバッテリーを交換する目安としては次の通りになります。

  • 電池の減りが早い
  • %表示がおかしくなった
  • 急に画面が切れる
  • 以前よりも充電回数が増えた

 

全部当てはまるようでしたらバッテリーの劣化が酷い可能性があります。
早急にバッテリー交換をおすすめします。

 

 

バッテリーの交換費用

「iphoneのバッテリーを交換したい!」

 

「でも、どこでバッテリーを交換するのだろう?」

 

バッテリーを交換してくれる所が”Appleの保証サービス”か”iphone修理業者”になります。

 

Appleの保証サービスの場合

購入から1年以内

無料でバッテリーを交換してくれます。

 

 

AppleCare+に加入している

バッテリーが本来の容量の80%未満しか維持出来なくなった時点でバッテリーを無料で交換してくれます。

 

 

AppleCare+に加入していない

有償交換となります。
¥9,400(税別)

 

 

iphone修理業者の場合

各iphone専門の修理業者によってバッテリー交換費用は変動しますが、ここでは簡単な相場をご紹介します。

 

iphone6s Plus

¥8,980前後

iphone6s

¥7,980前後

iphone6 Plus

¥7,980前後

iphone6

¥6,980前後

iphone5s

¥4,980前後

iphone5c

¥4,980前後

iphone5

¥4,980前後

 

AppleCare+に加入していない場合はおすすめのiphone修理業者で交換してもうらう方が安く済みますね。しかも、修理期間もAppleよりも遥かに早いですのでオススメですよ!

 

 

バッテリー交換をした方が良い理由

 

バッテリー交換理由

バッテリー交換をした方が良い理由は

 

「電池の減りが著しく早くなった」

 

以外でもまだまだあります。

 

iphone本体にも支障が出てきてしまうくらい酷くなってしまう症状もあるのです。

 

システム破損

不安定な電圧にって起こりうるリンゴループの認識不良によって本体が起動せず、初期化が必要になるケースがある

 

起動不良

劣化したバッテリーは過度の発熱をするケースがあります。その際に、本体の基盤が損傷してしま、起動が出来なくなる可能性がある

 

発火の危険性

劣化したバッテリーによる発熱よりももっと過度の発熱により、iphoneが発火してしまうケースもあるようです。

 

液晶破損

バッテリーが悪くなると膨張してしまう事があるのです。それにより、液晶を下から押し上げてしまい、破損やタッチ操作の不良といった事が起きてしまうのです。

 

 

【マメ知識】iphoneの充電方法

 

マメ知識

iphoneの充電方法は「急速充電」と「トリクル充電」と言う方法で充電しています。

 

0%〜80%になるまで、急速充電を行います。

80%〜100%になるまで、トリクル充電を行っています。

 

 

急速充電は名前の通り急速に充電するのでわかるのですが、トリクル充電って何なの?

 

 

簡単に言えばフル充電になるまでゆっくりと充電していく仕組みなのです。
バッテリーは100%に近づくほどバッテリーに負荷がかかってしまうのです。その為、トリクル充電を取り入れてなるべく長くバッテリーの寿命を持たせようとしているのです。


 

iphoneの内部でも寿命を長く持たせる工夫をしているんですね!

 

 

ついついやりがちなNG充電方法

寝ている間に充電をする

フル充電を完了しても尚充電しっぱなし状態になっている為、バッテリーにダメージを与え続けているのです。

 

電池残量が20%以下になっても使い続けている

バッテリーが20%以下になってもバッテリーにダメージを与えてしまっているのです。
この事を深放電と言います。

目安としては20%〜80%の間で使い続ける感じが望ましいです。

 

充電が切れた後、長時間放置している

バッテリーが内部放電する可能性があるので要注意です。

 

 

 

 

iphoneのバッテリー交換が安い修理業者はコチラ!