割れてしまったiphoneを使い続けるのは危険!?

危険!?

iphoneの画面が割れてしまうシチュエーションは様々です。

 

  • ポケットから落ちてしまった
  • バッグから落ちてしまった
  • 軽いから滑って落ちてしまった

 

これらの内容が特に多い原因だと思われます。
一言で言ってしまえば「iphoneを雑にしていたから」
慣れてくるとiphoneを雑に使ってしまうものです。自宅にいてもついポイッとベッドなどに投げてしまいがちですし、カバーも何も付けずに持ち歩いているなどがあります。

 

「iphone画面のひび割れ」

 

自分の身に降りかかってくると本当にブルーな気持ちになってしまいます。本来ならばすぐにでも修理を依頼すると思うのですが、ひび割れた状態のままiphoneを使い続けている人達も少なくないのです。

 

特に多い理由が「面倒くさい」と思う人達が大半なのです。

 

面倒くさいからある程度まで使い続けよう!

 

少ないひび割れだけだから大丈夫でしょう!

 

など修理に依頼する事が面倒くさいのです。

 

 

では、割れてしまったiphoneを使い続けているとどうなるのか?

 

画面の修理費用だけで済むはずがそれ以外での被害が出てしまう

本来ならばフロント画面のひび割れだけの修理費用だけで済んだのに、毎日使い続けていった結果、

 

「タッチパネル部分も被害が及んでしまった」

「ひび割れが重度になり修理費用が追加されてしまった」

 

などのケースがありました。

 

ガラスの破片でケガに繋がってしまう

 

スマホのひび割れは非常に細かなガラスが飛び散っています。
それを気にせずに使っていると細かなガラスの破片が指に刺さったり電話していたりすると耳に刺さってケガをする恐れがあるのです。
それ以外にも、スマホを触るときは横になって触っている時もあるはずです。その際にガラスの破片が目に刺さってしまう事も十分に考えられるのです。
非常に危ないので早急な処置が必要なのです。

 

周りから変な目で見られる

 

客観的にイメージするとわかるのですが、他の人が割れたiphoneを使っていたらどう思いますか?
私が思うのは「お金が無さそう」、「仕事が出来なさそう」などマイナスのイメージしか思いませんでした。
それだけ周りから変な目で見られるのです。周りは見てみぬフリだと思いますが、考えている事は今いったようなマイナスのイメージです。そうならない為にも応急処置が必要になってきますね!

 

応急処置

応急処置のご紹介

修理までどうしようか悩むものです。
それに、「iphoneの画面が割れた!すぐに修理しよう!」とはならないのではないでしょうか?

 

まずは「どうやって修理をしたらいいのだろう?」と思うはずです。
その間にもiphoneを使い続けているわけですから危険な状態です。

 

そんな時には応急処置をすることをオススメします。

 

100均などで保護フィルムを購入して使用

 

サランラップの使用

 

取りあえずはこれで応急処置は出来ます。

 

Apple Care+に加入しているかどうか

加入している?

もし、iphoneが落下など衝撃を与えて画面などが割れてしまった場合、Apple Care+に加入しているのか加入していないのかが重要なポイントになってきます。

 

通常であれば、iphoneを購入した時点で1年間のハードウェア製品限定保証と90日間の無償電話サポートがついてきます。
これはApple Care+に加入している、加入していない関係なくはじめから付いているサポートです。

 

「保証が1年間もついているから安心!」と思っているのは間違いです

 

「ハードウェア製品限定」とあるので画面などのひび割れの場合は保証対象外となっているのです。あくまでも内部的な不良のみとなっているのです。

 

そこで重要になってくるのがApple Care+です。

 

Apple Care+の簡単な説明

Apple Care+に加入していると保証とサポートが2年間延長されるサービスを受ける事が出来るのです。しかしサービスを受けれる回数は最大で2回までとなっています。

 

iphone6 Plusを例に挙げるとApple Care+に加入している場合、¥7,800(税別)で修理サービスを受ける事が出来るのです。しかし、加入していない場合¥14,800(税別)と加入時の場合と比べると約半分もの金額差が出てしまうのです。

 

 

もし、Apple Care+に加入していない場合はアップルストアでやってもらうにも修理費用が高額になってしまいますし、記録してあるデータ類もすべて初期化の状態に戻ってしまいますのでバックアップなどを取っておかないと大変な事になってしまうのです。

 

各キャリアの保証サポートがあるかどうか

iphoneを購入する時「au」「ドコモ」「ソフトバンク」どれかで購入手続きをするかと思います。その際、それぞれのキャリアでの保証サポートが用意されている場合があるのです。

 

これらに加入している場合は、iphoneの修理代金の割引だったり独自のサポートなどを提供してくれる場合があるので一度チェックしてみると良いでしょう。

 

修理を依頼する前に破損状態をチェック!

破損状態をチェック!

すぐに修理依頼をするとどれだけ修理費用がかかってしまうか怖いものです。
なので、まずは簡単な破損状態をチェックすることから始めます。

 

破損した箇所がガラスの面だけか?それとも本体もろともなのか?

 

ガラス面だけの場合

電源を入れてみると普通に画面が表示される。タッチパネル画面を触ってみて操作できるのであればガラス面だけの場合が妥当です。

 

本体も破損していた場合

電源が付いていなかったり、本体が折れ曲がったりしていますので

まるっと交換になってしまう可能性が高いです。

 

後は修理業者に連絡して破損状態を伝えればある程度の見積りが来るはずです。

 

 

 

 

当サイトオススメ!格安で修理してもらえるiphone修理業者をご紹介!