iPhoneユーザー必見!ガラスフィルムを徹底解剖!

iPhoneの画面に比較的安い液晶フィルムを貼っている方はよく見かけますが、最近ではガラスフィルムを付けている方も多くなってきています。

 

では、みなさんこちらは知っていましたか?

 

「ガラスフィルムによっては全く効果がない!」

 

なぜなのでしょうか?

 

今回はそんなiPhoneユーザーで、ガラスフィルムを愛用している方に向けた情報をお届けしたいと思います。

 

 

そもそもガラスフィルムの効果ってなに?

何? 

 

ガラスフィルムは、液晶フィルムとは違い、ガラスでつくられたiPhoneの液晶画面を守るためのアクセサリーです。主なガラスフィルムの効果は「傷や衝撃に強い」と言うことです。みなさんよくご存じかと思います。

 

ただ、ガラスフィルムの難点が、厚みがあることと、その価格になります。

 

ガラスフィルムの厚みは液晶フィルムよりも厚く、段差がわかるくらい厚みがあります。それに、価格も100円や500円などの格安のものもありますが、中には表面硬度が強く、5000円以上するものまであります。

 

 

ガラスフィルムの表面硬度とは?

表面硬度 

 

ガラス表面の硬度が強ければ強いほど、価格は高くなってきます。(表面硬度9Hなど)

 

表面硬度とは

JIS(日本工業標準調査会)が定めた、傷の付きにくさを数値化した規格です。数値は鉛筆法(引っかき硬度)と呼ばれる、鉛筆の芯の硬さを表した度合いになっています。

 

例えば、このガラスフィルムは「何Hの鉛筆だと傷が付くのか?」など、鉛筆法の硬度を数値化して表しています。

 

と言うことは、表面硬度が9Hのガラスフィルムがある場合、8Hの鉛筆の硬さまで傷に耐えれると言うことになります。

 

ちなみに、iPhone用保護フィルムの表面硬度は3H〜4hのものが多いです。

 

モース硬度

モース硬度 

 

ガラスフィルムは常に強度を強くしているため、鉛筆の芯で例えるのではなく、更に強度を例えやすくするために「モース硬度」と言われる鉱物に対する硬度尺度で最近のガラスフィルムは表しています。

 

例えば、モース硬度は1〜10段階まで表記しており、

  • 1:滑石
  • 2:石膏
  • 3:石灰岩
  • 4:鉄・蛍石
  • 5:りん灰石・トルコ
  • 6:正長石
  • 7:水晶・アメジスト
  • 8:トパーズ
  • 9:ルビー・サファイヤ
  • 10:ダイヤモンド

 

このような感じになっています。もっとわかりやすく言うと、人の引っかき傷で2〜3のモース硬度になっており、鉛筆の硬度で言うと9Hがモース硬度5に当たります。ちなみに、ナイフの刃などはモース硬度5H〜6Hくらいだと言われています。

 

今のガラスフィルムはどんどん進化していっていますね!それに、表面硬度9Hでモース硬度は半分の「5」だと思っていたら、ナイフの刃が次に当たるので結構表面硬度9Hも中々の強さだと思います。

 

 

ガラスフィルムは正面に強いが横からの衝撃は激弱

横からの衝撃弱い 

 

ガラスでできているため強度は強く、正面に対しての物理的な衝撃は強いです。私も以前、表面硬度9Hのガラスフィルムを画面につけていて、iPhoneを落としても画面は無傷でした。

 

「凄い・・・!」

 

液晶フィルムよりもガラスフィルムの方が、全然画面が割れない!その時は素晴らしいと思いました。

 

が、

 

そんな気分は束の間、駅の階段でポケットからiPhoneを出そうと思った矢先、見事にiPhoneを落下させてしまいました。

 

「ヤバっ!!」

 

落ちた瞬間はiPhoneの角からいってしまい、画面を見てみるとスパイダー状のひび割れが画面半分に広がっていたのです。

 

「多分、ガラスフィルムだけだな!」

 

すぐさまガラスフィルムをとってみると、数本のひび割れだけでした。

 

「???」

 

iPhone本体の画面を見てみると、無数のひび割れが角の当たりからどんどん広がっていったのです。

 

「これはアカンやつだ!」

 

ネットにも「ガラスフィルムは正面に強いが横からの衝撃に弱い」とあったように、まさにそれでした!

 

どれだけ硬度が強いガラスフィルムをつけていても、iPhoneを角から落としてしまうとまったく意味がないものになってしまうのだと言うことがわかりました。

 

 

ガラスフィルムは付けてても付けていなくても一緒!?

どっち? 

 

角からiPhoneに衝撃を与えてしまうと、もののみごとにガラス部分が割れてしまうため、

 

ガラスフィルムはもういらないのでは?

 

と思う方も少なくないでしょう!

 

でも、正面からの衝撃では助かっていることも多々あるので、付けてても損はありません。

 

しかも、ガラスフィルムにはラウンドエッジ加工と言ってフィルムのフチが丸みを帯びているように加工されています。

 

  • iPhone本体との一体感が高まる
  • iPhone落下時の衝撃や和らげてくれる効果
  • ケースとの干渉を軽減する
  • 持ちやすくなる

 

ラウンドエッジにはこのようなメリットがあるので、多少の防御策には良いかもしれませんね!

 

 

ガラスフィルムはものによっては全く使えない!

使えない 

 

ラウンドエッジ加工がないものや硬度が低いガラスフィルムなどは全く使えないこともあるので注意が必要です!

 

また、ラウンドエッジ加工や硬度が高いガラスフィルムでも全く使えないこともあります。それがなぜなのか例を挙げて見ていきましょう!

 

例1:

100均でガラスフィルムがあったらこれでひび割れの対策ができた!と思っている方はかなり要注意です!100均のガラスフィルムは硬度が低く、質もあまり良くはないのでiPhoneを落とした衝撃ですぐにガラスフィルムやiPhone本体の画面もろとも割れてしまう恐れがあります。

例2:

先ほども言ったように、ラウンドエッジ加工や硬度が高いからと言って割れないことはありません。角から落ちてしまうとガラスフィルムのないところに当たってしまい、iPhone本体の画面に直接衝撃をくらってしまいます。結果、高級なガラスフィルムも全く使えなくなってしまいます。

 

このように、ガラスフィルムの種類によっては全く効果がない(使えない)ものがあります。

 

 

iPhoneの画面にひび割れが起きてしまったら即修理対応するのがおすすめ!

iphone修理 

 

iPhoneユーザーで画面にひび割れを体験したことがある方は多いです。

 

よく見かけるのがひび割れたiPhoneをそのまま使っている人です。あれを見かけるたびに思うのが「早く修理しないの?」いつも思います。

 

見栄えも悪いし、見にくいのでなぜ修理しないのだろうと思ってしまいます。多分、修理費用が高すぎるとか面倒などの理由で修理をしないのだと思います。

 

もし、今この記事を読んでいる方がひび割れたiPhoneを使っている方でしたら、即修理することをおすすめします。

 

なぜなら、ひび割れたiPhoneはどんどん症状が悪くなっていき、最悪の場合、液晶パネルが不具合を起こしたり、iPhone内部のシステムにまでダメージを与えてしまうことになりかねません。

 

すると、比較的安いフロントガラスのみの修理費用に加えて、液晶パネル費用、最悪の場合には修理不可能と診断されるかもしれません。

 

なぜひび割れからそんなことにまで発展するの?

 

と思いますが、iPhoneのフロント画面は強化ガラスで作られているためかなり危ないです。ひび割れたガラスの破片が液晶パネルを傷つけてしまったり、人体に刺さってしまう恐れもあります。

 

若い方に多いのですが、夜中にiPhoneを寝ながら操作したりする方がいます。

 

もし、ひび割れたガラスの破片が目に入ってしまい、目を傷つけてしまうことだってあり得ます。これはかなり危ないので、即修理をした方が良いのです!

 

 

心配なのが修理費用とスムーズさ

心配 

 

iPhoneを修理したいけれども、修理費用や修理をするまでの行動や修理期間が遅いと面倒。と思う方って意外に多いです。

 

やっぱり修理をためらってしまう要因は修理費用の高さと修理するまでのやり難さや時間だと思います。

 

と言うことは、修理費用が安くて修理依頼を簡単に行える、そして時間もスピーティーにやってくれるならすぐに修理依頼したいと思いますよね!

 

当サイトではそう言った安くて簡単に修理依頼できるところをピックアップしたので、一度興味のある方は覗いてみて下さい!

 

 

iPhone修理を安くて質の良い業者をご紹介します!

 

 

ちなみに郵送で修理依頼を行う際には、代替機を貸してくれるところがあまりないため、以前使っていた古いiPhoneなどにSIMカードを入れて代替するのがおすすめです!