時間が取れない方は郵送修理がおすすめ!

おすすめ紹介 

 

フロント画面のひび割れや液晶不良、水没など、iPhoneの修理を依頼したい方は多くなっています。店頭修理なら即日修理が可能なところもありますが、忙しくて中々店頭へ行けれない方もいらっしゃいます。

 

そんな方は店頭修理ではなく、郵送修理と言う形でiPhoneを梱包して業者に発送し、修理をしてもらうやり方がおすすめです!

 

なぜ郵送修理がおすすめなのか?郵送修理とはどんなものなのか?

 

当サイトでは、郵送修理について徹底解剖していきたいと思います。

 

 

郵送修理の基本的な流れ

店頭修理はただ故障・画面割れしたiPhoneを持っていけば良いだけなのですが、郵送修理はよくわからないと思う方が多いのではないでしょうか。

 

そこで、まずは郵送修理の流れについてざっと紹介していきます。

 

郵送修理取り扱い可能な店舗を探す!

郵送修理 

 

当たり前ですが、各iPhone修理業者には専用の公式サイトがあります。ほとんどのiPhone修理業者は店頭修理(持ち込み修理)を基本的に承っていますが、郵送修理に関してはやっている業者とやっていない業者があります。

 

「安いかたここにしよっ!」と思っていても実際は店頭修理しかやっていないところでしたら諦めなくてはなりません。

 

まずは料金云々よりも「郵送ができるかどうか」から調べなくてはいけません!そこがまず、初めに行うことになります。

 

「郵送ができる業者を調べるのは面倒!」と言う方は当サイトが厳選したiPhone修理業者をご紹介しておりますので、参考までにどうぞ!

 

安くて品質が高いiPhone修理業者はこちら!

 

 

 

公式サイトの「お問い合わせフォーム」より見積もり

見積り作成 

 

各iPhone修理業者の公式サイトの「問い合わせフォーム」より申し込みます。

 

そこで、修理費用の見積もりやお届け先住所などが確認できるので、その内容で大丈夫であれば故障したiPhoneを発送する準備に取り掛かります。

 

 

 

iPhoneの発送

商品発送 

 

故障したiPhoneを発送する際、基本的には自分で梱包用品を取り揃えなければいけません。

 

新聞紙や布、エアパッキンなどの緩衝材と、包み込むダンボールなどが必要です。

iPhoneを発送する際は「精密機械」取り扱いの宅配便で発送するようにしましょう!

 

輸送時のトラブルを避ける為です!

 

往復送料や代引き手数料などの費用に関してはお店負担のところもあれば、自分が負担する場合もございますので、しっかりと事前に公式サイトでチェックすると良いでしょう!

 

 

 

修理完了後、即日発送!

即日配達 

 

iPhoneの修理が完了した時点で、基本的にどの修理業者も即日発送をしてくれます。

 

優良な店舗では、iPhoneが店舗へ到着した時点で連絡(メール)をしてくれ、修理完了した時点でも連絡(メール)をしてくれるところもあります。

 

そういった少しの気遣いがあるところは口コミや評価が高い店舗だとわかります。

 

 

 

修理代金の支払い

宅配支払い 

 

iPhoneの修理が到着した際に配達ドライバーへ修理代金を支払います。

 

郵送修理の場合は基本的に代金引換(現金決済)で行います。

 

店頭修理の場合は各種クレジトカード決済が可能ですが、郵送修理の場合はほとんどの店舗が代金引換(現金決済)なので、ご注意して下さい。

 

送料が自己負担の場合、「着払い」で発送した際は見積もり代金に送料分を上乗せした料金が加算されます。

 

郵送修理の料金はどのくらい?

どのくらい? 

 

iPhoneの修理を依頼する上で一番気になるのが「料金」ではないでしょうか。

 

品質がどこも同じなら最終的に見るのが「料金設定」だと思います。できるだけ安く修理してもらいたいのが「修理する側の想い」だと思います。

 

でも、実際に郵送修理した場合の料金は残念ながら一人ひとり違います。

 

ガラスだけ?液晶も?

当たり前ですがフロントのガラス割れ修理の場合でも、ただ「ガラス交換だけの修理」なのか、もっと奥の「液晶まで修理しなければいけない」のかでも料金は違ってきます。

 

軽度と重度によって違う

ガラス修理の場合でも「軽度」と「重度」があり、軽度の場合は見積もり料金通りで修理できますが、重度の場合は見積もり料金よりも追加料金を支払わなくちゃいけないこともあります。

 

店舗によって送料や手数料が発生する

先ほどもちらっと話しましたが、各修理業者によっては往復送料や手数料などが自己負担のところもあるので、どこで修理するのかによっても料金設定は一人ひとり違ってきます。

 

ポイント!

口コミの高いiPhone修理業者の場合、評価が高いだけあって郵送修理では往復送料の料金や代引き手数料の料金が全部店舗持ちにしてくれる優良店もあります。おすすめはこちら!

 

iPhoneのモデルや各修理箇所によって違う

最新の機種になればなるほど修理料金は値上がってきます。修理箇所も水没などの修理が難しい箇所になればなるほど料金は高くなってきます。
当サイトが調べたiPhone修理の料金相場はこちら

 

詳しい修理料金は自分が気になった公式サイトで確認するか、もっと詳しく知りたい方は公式サイトにある「お問い合わせフォーム」より必要事項を入力しましょう!すぐに正確な料金(見積り)を送ってきてくれます。

 

郵送修理の期間はどのくらい?

iPhoneを発送する時間帯にもよりますが、平均で郵送修理の場合は2〜3日程度で修理済みのiPhoneが手元に届きます。

 

例えば、iPhoneを夕方くらいに発送した場合、業者に届くのが翌日の朝くらいになるかと思います。(配達便が当日に乗らないため)

 

そうなると、すぐに修理に取り掛かり、即日修理が完了しても自宅に届くのは翌日になってしまいます。

 

すると、約3日はかかってしまう計算になります。また、店舗に定休日がある場合は更に翌日伸びてしまうことも考えられます。

 

結果的には先ほども言いましたが、だいたい平均で2〜3日だと言えますね!

 

修理期間が長いのは嫌だと言う方は代替機を貸してもらう!

代替機 

 

郵送修理の場合、2〜3日はiPhoneが使えなくなるため、かなり不便になってしまいます。

 

今の現状、毎日必ず1回はiPhoneを触っている方が多いはず!

 

それが2、3日もiPhoneを触れないのかと思うとストレスが溜まってしまいそうです。

 

その場合、iPhone修理業者で代替機を貸してもらえるところがあれば貸してもらった方がストレスフリーで便利です。

 

ただ、iPhoneの代替機を貸し出してくれる業者はかなり少なめ!

 

私が知っているところでも代替機は有料サービスとなっており、1台につき2,000円料金がかかってしまいます。

 

もし、自宅に以前使用していたスマホがあるのであれば、そちらを代替機として使った方がコストを抑えられて良いかと思います。

 

自宅にも予備の代替機がなければ、代替機のある業者を選んで修理してもらうことをおすすめします。

 

 

自宅に代替機があるならSIMを抜いて修理に出すこと!

simカード 

 

自宅に予備の代替機があるのであれば、修理が完了するまでの間使うことをおすすめします。

 

何もスマホを使えないとイライラしてしまいますし、1回でもスマホを触らないと不安と言う方もいらっしゃいます。

 

ここでポイントがあって、郵送修理に出す前には必ず「SIMカード」を抜いてからiPhoneを発送しましょう。

 

そうしないと予備のスマホがあっても電話やメールなどの連絡手段が取れないからです。

 

iPhoneのSIMカードは取るのにちょっとした専用の道具が必要になってきます。

 

新しいiPhoneを購入した際に付属で付いてきますが、道具自体小さいので、一度触って管理しないと、どこかへいってしまうことがあります。

 

代替用として細いクリップなどがあればSIMカードを取ることができますよ!

 

 

参考までに|アップルで郵送修理をした場合はどんな流れなのか?

疑問解決

 

アップルで郵送修理をした場合、どのような流れになるのかざっとご紹介します。

 

  • 1. Webか電話で郵送修理を申し込む
  • 2. 修理サービスの依頼メールが届く
  • 3. iPhoneのバックアップをとり、SIMを取り出す
  • 4. 配送業者が梱包用品を持って集荷しにくる
  • 5. 裸のままiPhoneを渡す
  • 6. アップルから到着メールが届く
  • 7. 1週間後くらいに修理完了メールが届く
  • 8. 修理済みのiPhoneが手元に届く

 

流れはこのようになっています。

 

アップルで修理をした場合、梱包材がいらないのは助かりますね!

 

ただ、修理期間が長く、ApplCare+に加入していないと修理料金が高額になってしまうのはデメリットです。

 

修理期間

約5日〜7日かかってしまいます。正規の場合はかなり日数がかかってしまいますね。

 

 

 

修理料金

AppleCare+に加入しているかどうかで修理料金が全然違ってきます。詳しくはこちらをご覧ください。(iphone修理|Apple Care+の詳細

 

 

 

代替機の貸出

基本的には郵送修理の場合、代替機はないのですが、AppleCare+に加入していると「エクスプレス交換サービス」を受けることができます。

 

エクスプレス交換サービスとは

代替機が手元に届き、それと引き換えに故障したiPhoneを発送するサービスです。修理ではなく、新品のiPhoneが手元に来る感じになっています。ただ、このサービスは別料金が発生してしまい、一時金として新品のiPhone代金をクレジットカードで仮払いする必要があります。詳しくはこちらから!

 

AppleCare+に加入していない方はアップルで修理依頼してもらうとかなり高額になってしまいますので、非正規店であるiPhoneの専門修理業者で依頼する方がコストもかなり抑えられて日数も短縮できるのでおすすめです!(現在では品質も向上しているので安心)

 

 

 

当サイトがおすすめするiPhone修理業者はこちらから!