各キャリアごとのiphone6修理の流れ

修理の流れ 

 

iphoneは新たな機能を追加して年々進化しています。その中でもiphone6の新登場の際には”画面の大きさ”が目立ちましたね。
iphone6はやや大きくなったサイズ感でしたが、iphone6Plusに関してはiphone史上最も大画面の機種になりました。
画面が大きくなったのに連れて”ある事”も増加していったのです。

 

それが”iphoneの落下”

 

サイズが大きいと手が滑ったりして、ポロッとiphoneが落ちてしまう事が多くなったのです。

 

結果的にiphone6の修理が増加したのです。

 

iphone6が修理しなければならなくなった場合、まずはどうすれば良いのか?

 

まずは、各キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)で保証サポートに加入していれば、最寄の店舗へ連絡し、修理を依頼してください。

 

アップルの”Apple Care+”に加入している場合はアップルの公式サイトで修理依頼しましょう。

 

各キャリアでもアップルでも保証サポートに加入していないのであれば、外部のiphone修理業者へ依頼する方が、安く修理費用を抑えることができるのでおすすめです。

 

 

オススメのiphone修理業者

 

 

 

 

ドコモでのiphone6修理依頼

ドコモユーザーでiphone6を修理する場合は次のような工程で修理依頼をします。

 

ケータイ補償サービスセンターに電話をする
or
パソコン(My docomo)からネットで手続きをする

 

申し込み後、リフレッシュ品が自宅に届くので、故障したiphone6を手配して完了。

 

ドコモの修理内容をもっと詳しく知りたいのであれば”ドコモユーザー|iphone故障・破損修理”を参照下さい。

 

 

ドコモ|iphone6,Plusの修理費

ドコモでiphone6の修理依頼を申し込めると言う事は月額600円で補償サービスに加入していると思います。

 

1年で2回まで補償サービスを受ける事が可能で、修理代金は7,500円(税抜き)です。

 

 

auでのiphone6修理依頼

auでiphone6の修理依頼を行う場合、3種類の修理方法があります。

 

  • エクスプレス交換サービス
  • 持ち込み修理
  • 配送修理

 

があります。修理を申し込む際は最寄の「auショップ」へ連絡して受付を行いましょう。

 

auの修理内容をもっと詳しく知りたいのであれば”auユーザー|iphoneの故障・破損時の修理はどんな風に?”を参照下さい。

 

 

au|iphone6,Plusの修理費

auスマートパスで修理サポートを受ける場合の修理費用は

 

最大で10,000円(税込)分、修理代金をサポートしてくれます

 

 

ソフトバンクでのiphone6修理依頼

ソフトバンクでiphone6を修理する場合、「あんしん保証パック」に加入しているのであれば、保証サービスを受ける事ができます。

 

一度、最寄のソフトバンクショップへ連絡して、修理できる店舗を教えてもらってください。
ソフトバンクショップでは基本的に修理はしてもらえないので、修理が可能な「ビッグカメラ」、「カメラのキタムラ」、「クイックガレージ」などのApple正規プロバイダー店を利用します。

 

ソフトバンクの修理内容をもっと詳しく知りたいのであれば”ソフトバンクユーザー|iphoneが故障・破損してしまった場合”を参照下さい。

 

 

ソフトバンク|iphone6,Plusの修理費

ここでは最も修理内容が多い”画面の修理費”と”バッテリーサービスの修理費”をご紹介します。

 

画面の修理費用

 

通常修理費用

割引率

負担額

iphone6

13,900円(税込)

87%

2,700円程度

iphone6Plus

16,000円(税込)

90%

2,700円程度

 

 

バッテリーサービスの修理費用

 

通常修理費用

割引率

負担額

iphone6

8,500円(税込)

87%

1,700円程度

iphone6Plus

8,500円(税込)

90%

1,500円程度

 

 

基本的に”通常修理費用”を全額分自分で支払います。
そして、”割引率”によって修理代金を月額料金から割り引きます。
割引がなくなるまで継続される為、実質的に修理費用は還元されるのです。

 

修理費用の還元を一括でソフトバンクカードへチャージする方法もあります。

 

 

修理依頼が多い地域は”東京・名古屋・大阪・京都”

驚き 

 

iphone6の修理依頼が多いのは東京の”新宿、渋谷、立川”あたりが多く、名古屋、大阪、京都もiphone6の修理依頼が多いと言われています。

 

やはり人口密度が多い地域はそれだけiphone6を落とす確率も高くなりますし、iphone愛用者も多いと見受けられます。
iphone専門の修理業者も東京、名古屋、大阪、京都が多いので、それだけiphone修理の需要が高い地域なのだとわかります。

 

それに、iphone修理業者が多いと競争率も激化する為、格安でiphone6を修理してもらえるのです。

 

ドコモやソフトバンク、auなどで修理を受けれなかった方

 

忙しい方だと店舗へ行くにも面倒・・・そんな方も実際に多いと思います。そのような方にはiphone修理業者でパパッとスマホやPCなどを利用すれば自宅にいながら修理依頼する方法もあるので、とても便利ですよ!

 

 

 

修理箇所が最も多いのは画面のひび割れ

ひび割れ 

 

iphone6が落下してしまうと画面の面積が広い分、画面に当たる確率が多くなるのです。
結果的に画面にひび割れが起きてしまい、修理せざるを得なくなってしまうのです。

 

 

画面にひび割れが起きても普通に使っている方もいますが、iphone6の画面は強化ガラスを採用しているのですごい危険です。ガラスなので手を切ってしまったり目に入ったりすると最悪な事態も予想されます。

 

このように、画面のひび割れは非常に危険なので、早めの修理依頼をする事が大切です。

 

 

次に修理箇所が多い所として「バッテリー・水没」

水没 

 

バッテリーの問題は長く使っているとどうしても劣化してしまいますので、当然バッテリー不足になってしまい、「交換」と言う形で修理になるかと思います。

 

 

バッテリーの持ちはiphoneが進化するごとに長くなっているのですが、ほとんどの方はiphoneの電源を付けっ放しにしていると思います。

 

 

そうなると約1年半〜2年の間でバッテリーが寿命を迎えてしまう事が多いのです。

 

水没に関してはこれはもう自分の不注意ですよね。トイレに落としてしまった!お風呂に落としてしまった!など手が滑ったのが原因ですね。

 

 

画面のひび割れにしてもバッテリーや水没の問題にしても早急に修理を行う事が大事です。

 

未修理のまま使っているとiphone自体が壊れてもっと修理内容が増える恐れがあるので注意!

 

 

 

アップルよりも安く修理できるiphone修理業者

安く修理できる! 

 

アップルの”Apple Care+”に未加入となるとアップルでの修理費用はかなり高額になってしまいます。

 

iphone6の修理費用は何と30,000円

 

iphone6plusの修理費用は何と33,000円

※2017年1月時点での修理費用になります。

 

正規とは言え、高額な修理費用を出すのはちょっと抵抗がありますよね。

 

それなら、その半分以下で修理してもらえるiphone修理業者も数多く存在するので、そちらで修理を依頼してもらった方がかなりお財布に優しいです。

 

正規Appleプロダイバー店ではないのですが、非常に出来が良いiphone修理業者もありますので、安くiphone6の修理を済ませたい方にはおすすめですね!

 

各キャリアで保証サポートに未加入の方は外部のiphone修理業者でipohne6を修理してもらう方が安く修理してもらえるのでかなりおすすめです!

 

 

 

 

iphone6の修理費が安い所はコチラ!