iphoneが故障・破損した!?修理の流れとは?

iphoneが故障・破損した

iphoneユーザーの多くが経験している故障や画面割れなどの破損。iphone4の時代に比べると外観面(大きさ)は大きくなっています。特にiphone6 Plus以降の画面の大きさは片手では操作しずらいくらい大きくなっています。

 

見易さで言えば最高なのですがその反面、落下などのトラブルは相次いでいる状況です。
そんな故障・破損してしまったiphoneをいつまでもそのままにしておくのは危険です。何らかのトラブルを起こしてしまう要因にも繋がってしまいますから。早急な修理が必要になってきます。

 

ここでは、ソフトバンクユーザーを対象にご紹介していきます。

 

まず、ソフトバンクユーザーのiphoneの修理の流れとしては3パターンに分かれます。

 

 

パターン1:AppleCare+で修理依頼

これは各自任意での加入となっていますアップルが提供している「AppleCare+」と言われるサポートサービスがあります。このサービスは自損で壊れてしまった(落下、破損、水漏れ等)、消耗部品の交換にかかる費用を2回まで保証してくれると言うものです。

 

万が一の為に加入をしていたのであれば、間違いなくこのサポートが一番割引率が高いのでAppleCare+で修理依頼する方がお得です。申し込みに関しては、近くのソフトバンクショップ、オンラインショップ、My SoftBank、機種の購入翌日〜30日以内であれば、Apple Streでも申し込みできます。

 

ちなみに、このAppleCare+はどのキャリアでも対応しています。

詳細記事:iphone修理|Apple Care+の詳細

 

 

パターン2:ソフトバンクの「あんしん保証パック」で修理依頼

ソフトバンクでiphone購入した後、ソフトバンクユーザーなら「あんしん保証パック」に加入する事ができます。月額使用料として「\500」か「\650」発生します。これに加入しておけば、故障や破損が起こってしまった場合でも対応してくれます。AppleCare+に加入していなくて、ソフトバンクのあんしん保証パックに加入している場合はそちらで修理依頼を受けてもらう方がお得です。

 

ちなみに自分が「あんしん保証パックにに加入しているかいないかを確認する為には「Mysoftbank」内で確認できます。

 

ただし、このソフトバンクの「あんしん保証パック」の契約はiphoneの購入と同時にしか申し込みが出来ないので注意が必要です。

 

すでにiphoneを購入して使っていた場合はこの「あんしん保証パック」は申し込み出来ないのです。契約と同時が難点ですね・・・。

 

 

パターン3:修理業者で依頼

AppleCare+にもソフトバンクのあんしん保証パックにも加入していない場合、最後の望みとしてiphoneの修理業者に依頼する方法があります。ここでは故障・破損したiphoneを郵送又は店頭へ持って行き 、修理を行ってくれるのです。費用は多少高いのですが、昔に比べるとライバル店も増え、競争するようになり、修理費用もかなり安くなっているのが現状です。その為、利用し易くリーズナブルに修理してもらえる感じになってきています。

 

修理の流れ

 

  • 直接店頭へ持っていく場合:最寄の修理業者へ

 

  • 郵送で修理する場合:

Webなどで申し込みをし、見積りが「OK!」ならiphoneを梱包して宅配便で発送します。
(業者によっては梱包キットを送ってきてくれるところもあります。)

 

iphoneの修理が完了次第、即日発送手配かけてくれます。(平均で2〜3日くらいで手元に届きます)

 

忙しい日などでは店頭へ行くにも時間がない時があるかもしれません。店頭へ行くにも近くに無い場合もありますしちょっと面倒くさいなって感じる方もいるでしょう。

 

そんな場合は、直接店頭へ行くよりも郵送でiphoneを修理する方が簡単だし便利だと思います。アップルで修理してもらうにしても約1週間は修理時間を要します。その点を踏まえると業者で郵送依頼する方がメリットはありそうです。

 

ちなみに、当サイトではiphoneを正規店で修理しないで、iphone専門の修理業者で依頼する方にオススメの修理業者を参考までに紹介しています。
なるべく安く修理費用を抑え、安心できる業者を独自で選んでランキング形式でご紹介しています。

 

 

 

 

お勧めのiphone修理業者ランキング