iphoneを守ってくれるカバーは付けていても割れる時は割れる!

iphoneはガラス面が弱い事から、ほとんどのiphoneユーザーの方はスマホケースやスマホカバーを使っているかと思います。その割合も裸のままiphoneを使っている方よりも多いです。

 

 

と言うか、iPhoneユーザーでカバーをつけていない人はいないんじゃないかな?


 

確かに、今ではほとんどの人がカバーをつけているわね!私もiPhoneカバーをつけていない人は見かけなくなったわ!


 

今では、スマホケース・カバーの種類も多く、デザインを重視したケースだったり機能性を重視したカバーだったりと様々なタイプのスマホケースやカバーがあります。

 

それくらいiphone愛用者に需要があるスマホケースですが、どのタイプのスマホケースでもスマホカバーでもフロント画面やカメラレンズが割れる時は割れます

 

 

 

僕のiPhoneもこないだ手から滑って落っことしちゃって、ものの見事に画面にひび割れが出来てしまったよ・・・。使っていたカバーが悪いのかな?


 

それもあると思うわ。一度、iphoneケースやカバーはどんなものがあるのか?なぜ割れてしまうのか?などを紹介するわね!


 

スマホケース・カバーの種類

 

手帳型タイプ

手帳タイプ

 

名前の通り、スマホを手帳みたいに使用することができるタイプのスマホカバーです。ポケットがいくつも付いている分、カードやお金、メモなど入る。スマホ全体を覆う事が出来るので安全性も高いので、利便性が良いカバーになっています。ただ、電話やメールをする際にはいちいちカバーを開かなくてはならないのがネック。

 

 

ハードタイプ

ハードタイプ 

 

スマホが登場すると大体あるのがこのハードタイプのスマホケースです。型にスマホをはめ込むタイプでフロント画面以外はすべてスマホを守ってくれるケースになっています。型さも硬いのが特徴的です。

 

 

ソフトタイプ

ソフトタイプ 

 

ハードタイプ同様、どこにでも売っているスマホケースです。型にスマホをはめ込むタイプでフロント画面以外は守ってくれるケースです。ハードタイプと違う点は硬さが柔らかい点です。

 

 

バンパータイプ

バンパータイプ 

 

バンパータイプのiphoneカバーは主に側面部分だけを守ってくれるカバーになっています。全面や背面は当然守れません。デザインを重視して多少はガードしたい方が使うカバーです。

 

 

レザータイプ

レザータイプ 

 

レザーや布素材を使ったスマホケースになっています。このタイプは全体を収納する為、使用しない場合の保護性を重視したり、デザインもオシャレな物が多いスマホケースになっています。

 

 

 

ざっとスマホケース・カバーの種類はこんな感じよ!


 

 

iPhoneのスマホケースもこんなに種類があったんだね!


 

チェックポイント!

各スマホケースやカバーの特徴を見てみるとiphone本体を守ってくれそうなケースやカバーがありそうなのですが、使い方によってはすぐiphone本体にキズが付いてしまったりフロント画面やカメラレンズが割れてしまったりする事が起こってしまいます。

 

 

なぜiphoneはこうも割れ易いのか?

 

 

なぜiphone用のスマホケースやカバーをしていても画面が割れてしまう確率が高いのかわかるかな?


 

 

全くわからないよ・・・。


 

 

答えを言う前にiphone本体の構造や画面の強度、アンドロイドスマホとの比較について知っておくと解りやすいと思うから紹介するわね!


 

iphoneのフロント画面はアンドロイド用スマホの画面よりも体感的に脆いのではないかと思う部分はやっぱり思う人は思います。

 

なぜなら、iphoneユーザーの人は画面が割れたまま使っている人をよく見かけるからです。

 

 

僕の知り合いでもアンドロイド用のスマホではスマホを落としてもフロント画面やカメラのレンズは割れなかった方が多くいたよ!


 

一方でiphoneユーザーの場合は落としたら高確率でフロント画面やカメラのレンズが割れてしまう・ひびが入ってしまう事が起こってしまいます。

 

でも、実際にiphone画面の強度とアンドロイド画面の強度を確認した所、iphoneのフロント画面、アンドロイドのフロント画面共に強度は大差ない事がわかりました。

 

 

えっ!?何で?iPhoneのフロント画面の方が脆いんじゃないの?


 

 

確かにそう思うかもしれないけど、画面の素材がポイントだったの!


 

なぜiphoneユーザーの方がフロント画面が割れる確率が高いのか?

 

 

iphoneのフロント画面には「強化ガラス」が採用してあるのね!でも、その強化ガラスはキズなどには強いけど、横からの衝撃にはかなり弱いの・・・。


チェックポイント!

アンドロイド画面には強化ガラスを採用してある端末機種としていない端末機種があります。

 

iphoneの本体は金属製、それに対しアンドロイドの本体ではプラスチック素材を使用している為、衝撃を吸収しやすい端末機種があることがポイントになってきます。また、考えられる理由としてはアンドロイドスマホには直接衝撃が加わるのを防ぐ構造になっているスマホが多いことです。

 

その為、アンドロイドユーザーよりもiphoneユーザーの人達の方がフロント画面が割れてしまう事が多くなってきています。そうなると、「iphoneは割れやすい!」そう思ってしまう人が多く見受けられ、いつのまにかそれが浸透してしまっているのが実態と言う訳です。

 

 

これで、なぜiphoneが割れやすいのかが解ったかな?


 

強化ガラスを採用している分、衝撃に滅法弱くなってしまっているのです。iphoneのフロント画面が割れてしまう要因の多くは「落下によるもの」。
なので、例えスマホケースやカバーを身に付けていてもiphoneを落としてしまうことで、フロント画面が割れてしまう可能性が高くなると言う訳です。

 

全部を覆っているスマホケースやカバーでしたらまだ可能性は低いかもしれないのですが、iphoneを触っている最中に落としてしまった場合、全部を覆っているスマホケースやカバーでも画面は裸の状態になっています。すると、落下の衝撃によって当たり所が悪いとフロント画面が割れてしまう事が起こってしまいます。

 

なぜそうなるのかはわかりませんが、高確率でフロント画面から落ちてガラスが割れてしまう事があるみたいですね。

 

 

フロント画面用の衝撃吸収フィルムも意味がない!?

 

今ではスマホケースやカバー以外にもフロント画面を守るフィルムが市場に出回っています。
知っている人は知っている

 

衝撃吸収フィルム

 

このフィルムをiphoneの画面に貼る事で落下などの衝撃から画面を守ってくれる画期的なフィルムが人気を集めています。

 

ある実験データではビルの2階相当から卵を落としてもその衝撃吸収フィルムが衝撃を吸収してくれ、卵が無傷と言うデータがあったのです。それくらい衝撃に強いフィルムが出てきているのです。

 

 

 

 

衝撃吸収フィルムがあれば無敵じゃん!?


 

そう思うかもしれないけど、実際に衝撃吸収フィルムにもちょっとした落とし穴があったの!


 

それが「フィルムの形状」!

 

衝撃吸収フィルムに当たれば問題ないのですが、それ以外に当たったら意味がありません!

 

今のiphoneの形状は側面にいくにあたりやや曲線になっているのはご存知でしょうか。そのiphoneの曲線に対応していないフィルムを使えば隙間が空いてしまう事があります。

 

そこにちょうど衝撃を加えてしまう事で、iphoneは金属製なので衝撃がいろんなところに伝わりやすいこともあり、フロントガラス面にも衝撃が伝わってしまい、画面にひび割れなどが生じてしまいます。

 

曲線に対応している衝撃吸収フィルムであれば画面が割れる確率は最小限に留める事が出来るのですが、100%ではないので注意は必要です。何が起こってしまうかわからないですからね。

 

 

 

 

もし、iphoneのフロント画面が割れてしまったのであれば即修理がおすすめ!


AppleCare+に加入しているのであれば、アップルストア(正規店)やカメラのキタムラなど(正規代理店)にて修理依頼してもらう方がいいわ!

 

もし、AppleCare+に加入していないのであれば当サイトが安くて信頼できるiphone専用の修理業者をご紹介しておきます。参考までにどうぞ!

 

 

 

 

iphone専用!信頼できる修理業者はコチラ!