画面のひび割れがどの程度で修理すればいいのかわからない!

どこで修理すればいいの!?

どんどん進化してきているiphone市場。機能面はもちろん更に進化を遂げてくる部分だと思いますが、それに加えて「iphoneの軽量化」も進化してきています。より軽いiphoneを!
今のiphoneって本当に軽いですからね。

 

片手で持っても疲れないように設計してますからすごいものです。
ですから今のiphoneは”利便性”を求めてどんどん追求しているのです。

 

が、利便性が優れているのは良い事なのですがその中でもちょっとした落とし穴があるんですよね。

 

 

 

iphoneの軽量化による落下事故

 

落下事故

みなさんもiphoneのみならずスマホを持っている人のあるあるだと思います。
ふとした不注意でスマホが落下してしまうんですよね。部屋の中でならまだしも外出中で落としてしまったのであればもう最悪!地面がアスファルトですし表面もボコボコしている為、画面が割れ易いのです。
画面が割れてしまったらもう最後。直すには修理に出さなければ修復不可です。

 

この時に気になるのが

 

画面のひび割れってどの程度で修理に出せば良いのか?

 

みなさんも一度は考えた事があるはずです。
画面が割れていても普通に機能面は大丈夫な場合は「まっ!普通に使えるからいっか!」となり修理に出さずに使っている人も見かけると思います。画面が見れない程の重度の場合は修理に出さざるを得ないのですが、画面の微妙なひび割れって難しい所だと思います。

 

そこで、私が考えるiphoneの画面のひび割れの”修理目安”についてご紹介したいと思います。

 

 

 

iphone修理の目安

 

iphoneの見た目はどうか

iphoneの見た目

 

まず一つ目の修理の目安としましては”iphoneの見た目”です。
見た目が嫌であるのであれば修理依頼をした方が今後もストレスがなく使えるかと思います。ただ、人によっては見た目はあまり深く考えずに「機能面が使えればいい!」と言う人もいるのではじめの修理目安としてはiphoneの見た目がこの先もずっと大丈夫なのか?それともストレスを感じるから早く修理したい!と考えるのかどちらかだと思います。

 

ちなみに私の場合は多少のひび割れでしたら問題なく使ってしまいます。が、この次のポイントでもあるように”iphoneの画面が見えるか”によっても考え方は変わってくるかと思います。

 

 

 

iphoneの画面が見えるかどうか

画面が見えるか?

 

当たり前の話なのですが、画面が見えていなかった場合は使いずらくてストレスが溜まってしまいますから早急に修理依頼することをオススメします。画面がまだ全然見えているのであればとりあえずは使ってみてもいいかと思います。そこで「気になって仕方がない!」と感じてしまう人であれば一度修理がいくらかかるか見てみても良いかと思います。もし、修理費用が意外に安いなと感じたのであれば修理依頼しちゃいましょう!

 

 

 

タッチパネルが使えるかどうか

タッチパネルは使える?

 

画面が見れたとしてもタッチパネルを触ってみても反応がないのであれば意味がありません。タッチパネルも不良であれば修理する事をオススメします。もし、タッチパネルが反応するけど操作しずらいのであれば本人の意思に任せます。私の場合だとストレスが溜まってくると感じたらすぐ修理に取り掛かります。今のiphoneってヌルヌル感が少ないので操作抜群なのがiphoneの強みだと思うのです。それに慣れちゃっている自分もありますし、そこでヌルヌル感が発動してしまったら私はストレスを感じちゃいますね。

 

 

 

画面からガラスの粉出ているか

ガラスの粉

 

「画面もある程度は見える!タッチパネルも使えるは使える!まだまだ使えるかも!」
そう思ったところで次の修理目安としては

 

 

iphoneの画面から白っぽい粉が飛び散らないか?

 

 

iphoneの画面を指で触ってみて白っぽい粉がポロポロ落ちてしまっている場合は早急に修理を依頼した方がいいです。その白っぽい粉の正体は

 

 

ガラスの破片

 

 

なのです。ガラスの破片が細かくなって白い粉状みたいに感じるのですが、触ってみるとザラザラしているのです。指の皮膚は他の皮膚よりも多少分厚い為、触っても「何かザラザラしているな!」としか感じないと思います。それでiphoneをまだ使っていたとなると非常に危ないのです。仰向けになってiphoneを触っている、横になりながらiphoneを触っている。かなり危険です!
画面から落ちてくる白い粉はガラスの破片なので目に入ってしまうと非常に危険なのです。

 

 

また、先程私はガラスの破片を”粉”と言っていました。粉状と言ったのはある理由があるのです。
粉状と言う事は重さも非常に軽いですよね。
と言う事は、息を吸い込んでしまうとモロに身体の中へ入ってしまう可能性が十分に考えられるのです。ガラスの破片が身体の中へ入ってしまうと非常に危険な為、早急な修理が必要なのです。

 

 

 

 

人気のiphone修理業者ランキング