iphoneの修理内容ってどこまでやってくれるの?

紹介画像

アップルの正規店では故障したiphoneを出来る限り修理してもらえますが、それ以外のiphone修理業者はどこまで修理をしてくれるのか疑問に思う事があるかと思います。

 

アップル社の正規店で修理してもらう事も安心できて良いのですが、何せ修理費用が高額な為、ちょっと抵抗がある人もいるのでは?それなら、修理費用が安く済ませる事ができて、安心・安全な修理業者を見つける事ができたらすごい嬉しいですからね!

 

そんなiphone修理業者の修理に関する疑問をこれから解決していきましょう!

 

iphone修理業者でやってくれる代表的な修理内容

一言で、各iphone修理業者でも修理してもらえる内容と修理してもらえない内容があります。
まずは、比較的どこでも修理してもらえる代表的な修理内容をご紹介したいと思います。

 

フロント画面のひび割れ

 

トラブルの中でも特に多い修理内容がこの「フロント画面のひび割れ」になります。
年々、iphoneは進化しているので比較的iphoneの重さは軽くなってきています。Plusの場合は画面も大きいので重さは多少思いのですが、それでも片手で持てる範囲内だと思います。

 

iphoneが軽いと言う事は、ちょっとした不手際で落としてしまったりしてクモの巣みたいにひび割れがたちまち広がってきてしまいます。触るのもケガをする可能性もあるので危ないのですが、中の液晶部分にも支障をきたす可能性のあるので、早急な修理が必要になってくるのです。

 

液晶不良

液晶部分でも色々な症状があります。
原因のほとんどが、落下の衝撃や水没によるものです。

 

フロント画面の下にある液晶パネルがダメージを受けてしまうとタッチパネルの一部や全面が反応しなくなる。

 

液晶部分に急に白い線が入ってしまった。

 

液晶の一部分にドット抜けがある。

 

液晶が割れてしまった。

 

液晶が真っ白い状態になってしまった。

 

液晶がすごく暗い感じになってしまう。

 

などの液晶トラブルがあるのです。

 

バッテリーの交換

iphoneのバッテリーは他者のスマホのバッテリー同様消耗品です。「ちょっとiphoneの持ちが悪く感じてきたかも」と感じたら、バッテリーの消耗だと考えられます。

 

アップル社の推奨では、使用から約1年間でバッテリー交換が必要になると言っています。ですので、1年以上iphoneを使い続けている人はバッテリーの劣化が進んでいる可能性が高いのです。

 

ちなみに、iphoneのバッテリーは「リチウムイオン電池」を使っています。このリチウムイオン電池は充電を繰り返すことによって充電する容量が減っていくのです。iphoneの場合は充電回数が約500回を超えると、容量が減っていくと言われています。なので、毎日使い続けると約1年間でだいたい500回近く充電する人達が多く、バッテリーの交換が必要になってくる時期になるのです。

 

 

この3種類はどこのiphone修理業者でもやってくれる代表的な修理内容です。

 

その他のiphone修理内容一覧

今言った「フロント画面のひび割れ」、「液晶不良」、「バッテリーの交換」以外でやってくれる修理業者もたくさんあります。
その他の修理内容としては、

 

「ホームボタンの不良」

 

「充電不良」

 

「電源ボタンの不良」

 

「カメラ不良」

 

「水没」

 

「データ復旧」

 

などをやってくれる業者もあります。
どの修理内容も普段使っていて起こりうる可能性が高いものばかりだと思います。

 

もし、iphoneが故障してしまった場合、修理内容が多い業者を選ぶ事をオススメします。なぜなら修理内容がいくつもある業者はiphone内部の構造を熟知しているからです。

 

それに、修理内容が多い事でたくさん修理依頼が殺到します。何事もそうですが、数をこなす事で熟練度が上がっていくものです。それにより、修理を依頼する側は安心して、その業者に依頼する事が出来るのです。

 

 

 

当サイトオススメ!iphoneの修理内容が多い業者ランキング!